札幌圏の産業拠点/石狩湾新港地域
石狩開発問い合せ 0133-72-2300
ロケーション交通案内
産業インフラ
ビジネス&生活環境
人材&教育機関
開発計画&立地状況
分譲案内
優遇制度
ビジネス、生活環境
 >>トップページ  >>ビジネス&生活環境
 企業活動と人に快適な環境
 ■リスク分散の適地
 ■冷涼な自然環境の潜在力と可能性
   北海道とくに札幌圏では地震、台風の接近や雷の発生が他地域に比べ少なく災害リスク分散の候補地として最適です。
   冷涼な気候、雪や氷を夏まで保存して冷房に利活用するエネルギーは、環境にやさしく、冷却や冷房などのコスト削減となるだけではなく、
   Co2排出量を抑制出来ることから、今後、工場・データセンターなどへの利活用が期待されています。
 
   また、札幌圏はゆとりある住環境、充実した都市環境と豊かな自然環境が調和した地域で、企業活動や生活にとって快適な環境にあります。
  
  
  恵まれた自然
  気温、降水量
  
     北海道の気候は年間を通して冷涼で、特に夏は湿度が低いため、過ごしやすいのが最大の特徴です。
     一方、冬は最も降雪量が多い2月頃で100cm前後の積雪状態になりますが、除雪体制は整備されており、事業活動に支障
     ありません。
  

■各都市の平均気温と降水量 (過去20年の平均値)
■月別平均気温
  平均気温
(℃)
降水量
(mm)
石 狩 7.9 981
札 幌 9.2 1,127
仙 台 12.8 1,241
新 潟 14.1 1,775
東 京 16.6 1,466
名古屋 16.3 1,564
大 阪 17.2 1,306
福 岡 17.4 1,632
月別平均気温(1989〜2008)
■月別平均気温の最高・最低 (1972〜2009年)
■主要都市の年間真夏日(30℃) (1972〜2009年)
月別平均気温
年間真夏日
  冬の輸送も安心
  
  冬期間に100cm前後の雪が積もる石狩を含めた札幌周辺には北海道の人口の約4割(約250万
  人)が集中しています。世界的にこのような気候条件で大都市圏を形成していることは非常に稀
  と言われています。
  日常生活または事業活動に支障をきたさないよう国、各自治体の道路管理者が除雪を行います。
  除雪車の出動体制は各自治体により異なりますが、石狩湾新港地域内の幹線道路は「降雪
  が10cmに達した等」の場合に出動することになっており、雪により交通が遮断されることはあり
  ません。
  
冬期除雪
  リスク分散の適地
  当地域は観測史上、震度5以上の地震が発生しておらず、また今後30年間に震度6弱以上の巨大地震が発生する確率は、0.1〜3%
  と極めて低いと評価されています。
  また、台風の接近や雷の発生が他地域に比べ少なく、事業活動における「リスク分散」の候補地として最適です。
  地震
  今までに、北海道内で観測された地震は、太平洋側に多く、石狩を含む札幌周辺は比較的規模も小さく発生回数も少ないのが特徴です。
  過去10年間に、石狩市で震度3以上の地震が発生した回数は7回であり、地震の発生が低い地域です。観測史上、震度5以上の地震は
  発生していません。
■各都市の過去10年間に観測された震度別発生回数
地震発生回数
■各都市の過去10年間に観測された震度別発生回数
  地震調査研究推進本部による地震被害予測では、当地域において、30年間に震度6弱以上の地震が発生する確率は、海洋型地震と
  内陸型直下地震を含め、0.1〜3%と予測されており、当地域における巨大地震発生確率は、非常に低くなっています。
地質データ
■各都市の過去10年間に観測された震度別発生回数
発生年月日
地震名
M
被 害
石狩市
震 度
石狩湾新港・
石狩港の波高
1792(寛政4)年6月13日
積丹沖地震
不明
〔古文書〕死者 若干名
不明
不明
1834(天保5)年2月9日
石狩湾地震
6(推定)
〔古文書〕石狩川河口付近住宅全壊23
不明
不明
1940(昭和15)年8月2日
積丹半島沖地震
7.5(推定)
死者 10名 4 羽幌 留萌
不明
石狩河口 0.74m
1947(昭和22)年11月4日
留萌沖地震
不明
軽い被害、小津波
不明
影響なし
1983(昭和58)年5月26日
日本海中部地震
(秋田沖)
7.7
死者4名 秋田市ほか
4 森 江差
(札幌市4)
最大波高0.9m影響なし
1993(平成5)年7月12日
北海道南西沖地震(奥尻)
7.8
死者202名 奥尻 寿都ほか
3
最大波高 0.71m 影響なし
2003(平成15)年9月26日
平成15年十勝沖地震
8.1
行方不明 2名
6 日高、十勝、釧路
4 余震4
影響なし
2011(平成23)年3月11日
東日本大震災
9
東北・関東ほか
3
最大波高 0.4m影響なし
  ※気象庁 データ
    ・北海道地域防災計画(H14) より 北海道
    ・北海道想定津波シュミレーション(H22) より 北海道
    ・M〜マグニチュード
  台風
  北海道に接近(上陸を含む)した台風は、本州と比較してやや少なく、北海道に接近するに従い勢力は衰えるため、被害等は少ないです。
  
■過去30年間の台風平均接近数 (1980〜2009年)
台風接近回数
  落雷
  雷日数は本州と比較しても少なく、東京が年平均12.9日に対し、石狩を含めた札幌周辺は年8.8日です。
■過去30年間の年間平均雷日数 (1981〜2010年)
年間平均雷日数
  四季折々の自然と抜群の住環境
   充実のクォリティ・オブ・ライフ
  札幌圏は、北海道の中心としての機能が集積しており、
  各行政機関をはじめ銀行、医療機関、福祉施設、教育施
  設などが集中しており、あらゆるサービスが得られます。
 
  札幌圏は250万人の人口集積をもちながら、車で30分も
  走れば自然を満喫でき“衣食住”に加え“遊”も享受でき
  る充実した都市環境と豊かな自然環境がみごとに調和し
  た地域です。
 
  札幌圏の住みやすさはさまざまに語ることができます。
  例えばマイホーム。通常、住居の取得可能価格は年間
  所得の6倍が限度と言われますが、札幌圏では通勤時
  間30分から1時間の距離で、戸建住宅や集合住宅が
  比較的安価な価格帯で取得できる環境があります。
 
  車を少し走らせればゴルフ場、スキー場、海水浴場などで
  スポーツを楽しむことが出来、“衣食住”に加え“遊”も享
  受できる『クォリティ・オブ・ライフ』の充実した余暇を満喫
  できます。
札幌ドーム
札幌ドーム
緑苑台ニュータウン
石狩市の緑苑台ニュータウン
大通公園
大通り公園
さっぽろ雪まつり
雪まつり
ビアガーデン
ビアガーデン
小樽マリーナ
小樽マリーナ
                   札幌中心部の幅100mの公園で夏冬通じての憩いの場
石狩開発(株)