札幌圏の産業拠点/石狩湾新港地域
石狩開発問い合せ 0133-72-2300
ロケーション交通案内
産業インフラ
ビジネス&生活環境
人材&教育機関
開発計画&立地状況
分譲案内
優遇制度
 
 >>トップページ  >>トピックスバックナンバー  >>石狩グリーンデータセンターシンポジウム
 
 
 ●2009年10月1日
   『石狩グリーンデータセンターシンポジウム』を開催しました。

   
〔2009.10.9〕

 
北海道の冷涼な外気と雪氷などの自然エネルギーを利用した、環境配慮型データセンター(超低消費電力型データセンター)の立地促進を図り、石狩湾新港地域の優位性を広く理解していただくためにシンポジウムを開催しました。
主催は石狩市と当社石狩開発(株)で、10月1日(木)13時30分からホテルガトーキングダムサッポロ(札幌市北区茨戸)で行われ、北海道内外の企業関係者や研究者などの専門家、約250名が参加しました。
 
基調講演では、浜田靖弘北海道大学工学部研究科准教授が『雪氷資源・外気冷熱活用に関する近年の動向と課題』をテーマに、「石狩湾新港地域にはすでに約90万立方bの除雪した雪が集っており、地震や台風も少ない。冷涼な外気などの自然エネルギーを活用したグリーンデータセンターの構築は世界最先端の省エネ・環境技術となるであろう」と強調されました。
また、昨年六月に産学官が参加して設立された「北海道グリーンエナジーデータセンター研究会《GEDC》」の技術グループリーダー、梅沢和彦氏より研究会での成果報告や課題などの報告があった後、「データセンターの市場拡大と環境問題について」をテーマにパネルディスカッションが行われました。
 

 
 プログラム (敬称略)
     『石狩グリーンデータセンターシンポジウム』
      クラウドコンピューティングの核となる超低消費電力型データセンターの構築に向けて。

 
  【日 時】 平成21年10月1日(木) 13:30〜17:00(開場13:00)
 
  【会 場】 ガトーキングダムサッポロ (札幌市北区茨戸132番地)
 
  【主 催】 石狩市、石狩開発
  
 ●主催者挨拶 石狩市長 田岡克介
 ●基調講演  『雪氷資源・外気冷熱活用に関する近年の動向と課題』
   北海道大学工学研究科准教授  濱田靖弘
 ●北海道GEDC研究会からの報告              
   技術グループリーダー  梅澤和彦
 ●パネルディスカッション
   『データセンター市場の拡大と環境問題について』
   【パネリスト】 濱田靖弘 北海道大学工学研究科 准教授
            須藤 豊 エネルギー戦略研究所梶@
            田岡克介 石狩市長   
 
   【コーディネーター】
           荒幡芳雄 北海道グリーンエナジーデータセンター
 
 ●講  演
   『データセンターにおける高効率型外気空調の実現に向けて』
           高橋 徹 河村電器産業褐、究開発部
           開発企画グループ商品企画チーム
   『大成建設のデータセンター建設技術・寒冷地の空調システムなど』
           荒幡芳雄 大成建設梶@営業推進本部 部長
   『北海道から始まるICT世界の革新』
           中原武志 ネットワンシステムズ梶@
           エリア・パブリック事業グループ事業推進室
 ●閉会挨拶  石狩開発梶@ 代表取締役社長 鈴木 明
 
 
石狩開発(株)