札幌圏の産業拠点/石狩湾新港地域
石狩開発問い合せ 0133-72-2300
ロケーション交通案内
産業インフラ
ビジネス&生活環境
人材&教育機関
開発計画&立地状況
分譲案内
優遇制度
 
 
 ■北ガスLNG基地完成、北海道のLNG時代の幕開き。
   サハリンから第一船、タンカー接岸10/7
 

〔2012.10.15〕

 北海道ガス鰍ェ新港中央地区で建設を進めていた石狩LNG基地が完成し、第一船となる巨大なタンカーが入港しました。
 
 7日午前、ロシア・サハリンから全長290bのタンカー「エネルギーアドバンス号」が、ほぼ満載に近い14万5千立方bのLNG(液化天然ガス)を運び、接岸。国内最大級の基地内貯蔵タンク(貯蔵容量18立方b)に8日間かけ移す作業を行いました。
 
  LNGを天然ガスに戻す気化器の試運転を経て、12月から道央圏へパイプラインで出荷する予定です。
 
また、北海道電力鰍15年度からLNG火力発電所を新港西地区に建設を計画しており、今後、石狩湾新港でのLNG関連施設の集積が進み、「北海道のLNG時代」の拠点となりそうです!
北ガスLNG基地完成、北海道のLNG時代の幕開き。サハリンから第一船、タンカー接岸
 
石狩開発(株)